現在、為替相場は円安に振れています

輸出が経済を支えている国の場合、自国通貨が安くなると、その国の経済にはメリットがあります。
まず、自国で生産した物を海外で販売する際に、安く販売することができます。
また、海外で稼いだ外貨を自国通貨に換えると、通貨安のため額が膨らみます。

1ドル50円の時に100円の物を海外で販売すると2ドルということになりますが、1ドル100円の時に100円の物を海外で販売するときには1ドルということになります。

安く製品を販売できるので、売れ行きが良くなるということがあります。
また、1ドル50円だと1万ドルの売上は50万円ですが、1ドル100円では100万円の売上になります。

現在、為替相場は円安に振れていて、そのことが輸出企業の業績を押し上げ、株高となっています。
しかし一方で、円安になりすぎると、原材料などの輸入コストがかさみ、経済に打撃を与える面もあります。

政府要人たちは、1ドル100円から120円くらいまでの円安を容認するような発言をしていましたが、経済界などでは、とりあえず1ドル95円くらいが、まずはちょうど良いレベルであると考えている人も多いようです。

現在は、このレベルにかなり近付いてきていると言って良いでしょう。
一方、日本株については、政府要人が日経平均は13,000円を目指していると発言しており、現在の水準からはもう一段上がる可能性があると言えます。

日経平均が13,000円に到達するまでの過程で、為替相場が大きな影響を与えることは間違えないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:株投資

このページの先頭へ