モーニングスターから投資信託を行う契約先を決めるのはいかがですか

投資を行うにあたり、投資先の運用や管理などをその道のプロフェッショナルが代わりに行ってくれ、その運用成果による損益が投資家に帰属されるものを投資信託と言います。
これは、現在ある資本を、利益を得る目的で事業・不動産・証券などに投下し、これにより分配金や売却益を求めるものを投資と言い、これをまかせる運用会社との信託契約を結ぶことが合わさったことを指します。

この投資方法には、それぞれの会社が用意した投資先やプランなどから選択し、一定の手数料と投資金額を支払うことにより、通常は国内のものや金銭面でも何十倍もする株式に投資が行えます。

その対象は、国内だけでなく海外株にも投資ができるようになり、複数の投資家による投資を合わせることで、割高だった株も約1万円の小口からでも始められ、投資金額による割合の共同購入と分配が可能となりました。

また、リスク回避として投資の分散もでき、プロに任せるのですから運用や管理に不安がある方や時間に余裕のない方にお勧めできるものです。
さて、この投資を行うにあたり、契約を結ぶ運用会社を決める必要があります。

その会社の数は千を遥かに超え、選択肢も幅広いです。

その参考として、投資信託の評価機関であるモーニングスターが毎年国内の運用会社のファンドの約4,000本を対象としてファンドオブザイヤーを開催しており、優れた運用実績を公開しマネジメントしている運用会社を選考していますので、そこから選んでみるのはいかがでしょうか。

選考される部門も複数ありますので、その中からご自分に合った信託会社を見つけましょう。

そして、利益を求める以上リスクも伴いますので、選択は慎重にご判断ください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資信託

このページの先頭へ