投資信託一覧から会社の特徴を掴んで投資に臨んでみませんか。

投資信託(ファンド)とは、投資家の方々からお金を集めて、専門家がその国の株式や各種債券などに投資・運用する商品で、その運用成果によって投資家の方々にそれぞれの投資額に応じて分配される金融商品です。
投資する専門家により、どこに投資するかはもちろんそれぞれ異なります。

投資信託は、毎日の市場環境などによって変動を繰り返していますので、投資信託の結果、利益が得られることもあれば、残念ながら投資した額より下がって損をすることもあり、これら投資信託によって生じた損益は、それぞれの投資額に応じてすべて投資家に帰属されます。

これらのことから、投資信託は元本が保証されている金融商品ではないため、銀行の預金などとは違いますのでそこには注意が必要です。

また、それぞれの役割として投資家ごとの口座を管理し、投資信託の販売や換金、分配金・償還金の支払いなどを行うほか、投資家の相談にのるなどといった役割を持つ証券会社や銀行は、投資家と投資信託をつなぐ「窓口」で、投資信託を作って資金を運用し、さまざまなデータから専門家が投資する運用先を考え、信託銀行に対して運用を指図する投資信託運用会社は「委託者」となります。

投資家から集めた資産を大切に保管・管理し、運用会社からの資産を増やすという運用の指図に基づき、株式や債券などの各種取引や管理を行なって信託財産を保管・管理し、投資信託の金庫番の役割を持つ信託銀行は「受託者」です。

この3つが密接にかかわって投資信託は行われています。

証券会社によって投資先は異なりますので、投資をする際には投資信託一覧や会社の特徴をじっくり検証して、ご自分に合った証券会社をお選びください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資信託

このページの先頭へ