投資信託の解約時について

投資運用のプロであるアセットマネージャーに資金を預け入れる形の投資を行い、その資金を元手として得た利益を分配してもらうという投資手段を投資信託と言います。
個人で株や外貨を購入して利益を得ようにも、金融に関する素人には敷居が高いと言えるでしょう。

しかし、投資運用の専門家にお金を運用してもらえば、個人で無茶な投資方法を試すより利益が得られる割合が高いと言えるので、的確で安全性の高い資産運用を行いたいと考えている方にお勧めな投資方法です。

投資信託で資金を運用すれば、毎月あるいは定期的に銀行口座に振り込まれる形で分配金が支給されます。

そのため、長い目線で見れば分配金が積み重なって得を出来ると思われがちですが、投資した元本そのものが暴落してしまった場合、いくら分配金が入ってきても大きく損をしてしまうといった結果が待っています。

そのため、十年二十年と長い期間投資を続けるのではなく、数万円でも利益が出たと判断できた時点で早めに解約を行なってしまうことをお勧めします。

では、どのタイミングで解約申請を行えばいいのかというと、三月の企業決算が重なる時期が最もお勧めだと言えます。

企業決算時期の場合、投資信託であっても売値が高くなる可能性が大きいと言えるので、三月時点で利益が十分確定できたと判断した段階で解約を行なってしまうといいでしょう。

上手くいけば、一年投資を行なっただけで数万円から数十万円の利益を出すことも可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資信託

このページの先頭へ