オープン型証券投資信託とユニット型証券投資信託など、投資信託にはいろいろな分類があります。

投資信託は、多くの投資家から資金を募って、それをファンドという基金に1つにまとめ、ファンドマネージャーと呼ばれる運用の専門家が、投資家に代わって株や債券、不動産などに投資して、運用を行う仕組みの金融商品です。
また、1万円前後という比較的少額で購入することが可能で、これから資産運用を始めようと考えている初心者の方にもお勧めの金融商品だと言えます。

投資信託にはいろいろな分類の仕方があり、それを参考に投資を行うことが重要です。
例えば、オープン型証券投資信託とユニット型証券投資信託というものがあります。

オープン型証券投資信託は、募集期間が決まっておらず、いつでも売買が可能なものです。
運用開始後も購入ができる投資信託でもあります。

投資家にとっては、ファンド決算時においての分配金を目的とした資産運用が可能となる他、日々のファンドの値動きを確認しながらタイミングを見計らって機動的に売買を行うことで、売買差益を狙った資産運用が行える金融商品です。

また、ユニット型証券投資信託とは、募集期間にしか購入することができない金融商品を指します。
一般的に購入されている投資信託は、オープン型が多いです。
その他の分類としては、運用方法によるものがあります。

これは、アクティブファンドとインデックスファンドというもので、アクティブファンドは、日経平均やTOPIXなどの指数よりも、どれだけ上回るリターンを上げられるかを狙ったもので、積極的に運用されます。

一方のインデックスファンドは、指数に連動した運用をする投資信託のことです。
こうした分類を参考にして、自分に適した投資をすることが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資信託

このページの先頭へ