投資信託は、販売会社、運用会社、信託銀行の3つで成り立っています。

これから資産運用を始める方は、投資信託というものについて、あまりご存知ないと思います。
これは、多くの投資家から集められた資金をファンド(基金)にまとめて、株や不動産、債権などに、ファンドマネージャーという運用の専門家が投資をする金融商品のことです。

そして、少額の資金からでも購入できるため、普段一般の方には、ハードルの高い投資対象のものにも投資をすることを可能にした商品とも言えます。

また、ファンドマネージャーと呼ばれる運用の専門家が、投資家の代わりに投資対象の選択や運用をしてくれるため、投資家自身に最小限の知識があれば始められ、勉強や情報収集、タイムリーに売買するための時間を必要としません。

自分が費やすはずの時間を、プロが代わりに費やしてくれるのです。
投資信託は、販売会社、運用会社、信託銀行という3社が関係しています。

販売会社は、投資信託の購入をする際の窓口になり、主に、証券会社や銀行などを指します。
販売してからの償還金、分配金、解約代金の支払いや、説明書や運用報告書の発送なども行います。

次に運用会社が、ファンドを作り運用していきます。
運用会社には、ファンドごとにファンドマネージャーがいます。

彼らがファンドに集められたお金を運用するのです。
また、情報収集や分析、株の銘柄を決定したり、債権の売買も行います。

最後に信託銀行が、投資家から集められたお金の管理と保管を行っています。
他にも、運用する株や債権なども管理し、保管しています。
投資信託は、このような流れで投資家からの資金を運用し、管理しているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資信託

このページの先頭へ