投資ファンドの運用スタイルとその仕組み

近年、頻繁に耳にする機会があるファンドとは投資信託のことです。
これは個人が投資の専門家に資産の運用を任せるもので、一般的に投資信託では複数の投資家から資金を集め投資を行い、投資家はその分配金を受け取るという形になっています。

この投資ファンドの運用スタイルとその仕組みは、まず最初に、この運用スタイルには大きく分けてアクティブ運用とパッシブ運用が在ることを知って下さい。

アクティブ運用とは市場の平均値よりも良いリターンを目的としています。
このアクティブ運用の特徴としてパッシブ運用と比較し投資信託に組み込む銘柄の数が多く、積極的にリターンを追及していくという特徴があります。

この債権や株式銘柄の決定権はマネージャーにあるために、その運用成績はマネージャーの手腕にかかっています。
次に、パッシブ運用とは市場の平均値と同じくらいのリターンを目的としたものです。

アクティブ運用と比較し手数料や運用報酬が低く設定されているという特徴があります。
次に、運用手法の仕組みについてお話致します。

この運用手法にはグロース運用と呼ばれるものがあります。
これは将来性のある企業を探し、その銘柄の上昇を予測し投資する方法です。

また、バリュー運用と呼ばれる手法は起業の価値を診断し、割安感のある銘柄に投資を行うものです。
このように投資信託には多種多様な運用スタイルと運用の手法があり効率の良い資金運用が出来るように組織されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資ファンド

このページの先頭へ