株式や債券等のデイトレードとは

デイトレードとは、主に個人投資家が行う株式・債券などの取引を指し、1日に複数回の取引を細かく積み重ねて利益を狙う売買手法です。
短期決戦である為、市場流動性が高い取引で行われることが多く、具体的にはFXや商品先物取引などがあります。
デイトレードの中には、数秒から数分で取引を成立させる手法と、それとは逆に数日間~10日程の短期に商品を持ちこす手法があります。

デイトレードはアメリカで広まったと言われ、他の手法と比べてギャンブル性や依存性が強くなることが揶揄されている為、ある程度の自制心を持って挑戦することが重要です。

この取引の特徴としては資金効率や持ち越しリスクの減少などが挙げられ、初心者でも入りやすい点が一番の特徴と言えます。

証券会社や銀行などに口座を開設し、ある程度の資金さえあればいつでも誰でも始めることが出来ますので、毎日のニュースなどで馴染みのある東証株価指数を対象にした商品から始めてみると良いでしょう。

トレーダーの中には、本業を持ちながら副業的に取引を行なっている方から、専門に行なっている専業トレーダーまでいます。
大学卒業後や、専業主婦や会社員から専業トレーダーに転向する人もいる程で、注目度の高さがうかがえます。

このようにデイトレードは、他の取引同様、利益が期待出来る他、上手に利用すれば株価の動向や経済状況など様々な勉強にもなるので、リスクを考慮に入れた上で少しずつ始めてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:株投資

このページの先頭へ