投資信託の信託会社に迷ったらリッパーから探そう

現在ある資本を、利益を得る目的で事業・不動産・証券などに資金を投下し、それにより分配金や売却益を求めるものを投資と言います。
どの投資であれ、利益を求める以上は期待収益が高くなるほどにリスクもまた高まります。
投資方法として、メリットに金額を抑えつつ、個人からでも出来るもので、金額は1万円からの小額からでも始められるものに投資信託があります。

他にも、投資割合による分配金の受給や、投資先を複数に分けることでリスク回避の手段が持て、株券などの情報収集などを用いて、管理もその会社のプロフェッショナルが行う、初心者でも始めやすく、時間に余裕のない方にぴったりの特徴を持っています。

各信託会社との信託契約を結ぶことで、その契約会社が取り扱う投資先に投資をすることが出来、その投資先も様々あり、国内だけに絞ったものや海外にも目を向けたものなど会社により運用方法が異なります。

数多くの信託会社から候補を選ぶ際には「リッパー」が役立つでしょう。

リッパーは1973年に設立されたアメリカの投信情報サービス企業で、個々の投資家のニーズに応じたデータを集計し、トータルリターン(総合収益性)、コンシスタントリターン(収益一貫性)、元本保全性、経費率などといった4つの評価基準からそれぞれ5段階で評価し、各信託会社の特徴や投資対象などをデータ化しています。

「リッパー・ファンド・アワード・ジャパン」という優れた運用会社を表彰するものもあるので、信託会社に迷った時は参考に閲覧してみるとよいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資信託

このページの先頭へ