投資信託には信託金を集めることから投資家への分配までの流れがあります

投資信託とは、投資家から集められた資金を1つにまとめ、その信託金を株や債権、不動産などに投資する金融商品のことを言います。
複数の人数から小さな資金を集めて運用されていますので、個人では金額が大きくて投資できないものにも投資を可能にした商品です。
この投資信託は主に3つの会社が関係しています。
まず、投資家に投資先の説明や販売を行う「販売会社」と、市場情報などの調査にもとづいて運用の指示を出す「運用会社」、そして、投資家から集められた資金をそれぞれの口座で管理し、運用会社の指示に基づいた上で売買の処理を行う「信託会社」です。

これらの会社によって投資信託は運営されており、たとえ運用会社が倒産した場合でも、投資家のお金は保護されるという保証が存在します。

また、投資信託を行うメリットには、小額からの投資が可能で、投資先の分散によりリスクの軽減ができること、投資の専門家に任せることができるので適切な処理は専門家が行ってくれ、投資先を幅広く世界的に選ぶことができることです。

デメリットには、手数料や専門家に任せるので信託報酬がかかること、また、必ずしも運用成績が上がるわけではないので相応のリスクも視野に入れる必要がある点が挙げられます。

そして、収益には契約期間中に分配金として、年度ごとや毎月分配型などにより分配金が支払われており、年金代わりとして利用されるケースも多いようです。

投資信託は、証券会社や銀行、郵便局でも取り扱いが行われていますが、銀行と郵便局では取扱いを行っていないところもあります。

今後の投資の選択肢には、投資信託を考えてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資信託

このページの先頭へ