円高な現在だからこそ利用したい投資信託

米ドルやユーロなどの価値が下がり日本円の価値が上昇している昨今、日本国内の安定的な投資先では大した利益が見込めないので、円高を利用して海外の投資先を探しているという個人投資家が増えてきました。
その選択というのは決して間違っておらず、ドルやユーロが安いうちに外貨資産を保有しておき、円が安くなった段階で保有資産を手放せば大きな利益に繋がるからです。

しかし日本国民の全員が全員投資に詳しいわけではなく、今までの人生の中で一度も投資に手を出したことが無いという方も少なからずいらっしゃるでしょう。

投資というと、定期預金などに比べて損益を出してしまう可能性が高いので、中々踏ん切りが付かないというのも頷けます。
そのような投資未経験者にお勧めなのが、投資信託という投資方法です。

日本国内には数多くの投資ファンドがあり、様々な形で海外金融商品や外貨資産のやり取りをしています。
そのような投資のプロに所有している資産を預け、代わりに投資運用を行なってもらうというが投資信託なのです。

海外金融商品や外貨資産をメインで扱っているという投資ファンドも結構な数があるので、円高の今のうちにファンドに資金を預け入れて、円の価値が安くなるまで待てば確実な利益確定が行なえます。

今の時代、銀行で定期預金を組んでも冗談のような利息しか付きません。
消費税増税や電気料金の値上げなどに対抗するためにも、より有効的な資産運用方法を試すことを推奨します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資信託

このページの先頭へ