金融先物取引は、国際先物取引や、架空の国債などを取引対象とする債券先物があります

金融先物取引はいわゆるデリバティブの1つで、価格や数値が日々変動し続ける金利や各金融商品などについて、未来におけるある価格での売買取引を約定するもののことです。
対義語としては現物取引があり、先物の決済日には現金を用いて現物を決済するデリバラブルというものと、現物との価格差を比較して差金決済するノンデリバラブルというものの2つがあります。

これらは証券取引所や金融先物取引所において上場されています。

また、本来なら価格変動による影響を避けるためのリスクヘッジとして利用されますが、現物の価格との乖離を利用して利益を得る裁定取引というものもあり、これらは、先物の決済日になると先物価格と現物価格が同じになるので、ある日における先物の理論価格が現物と比べても割安な場合、先物を買って現物を売り、先物の決済日には反対の取引をすることによって利益を得るという考え方に基づいたものです。

金融先物取引には国際先物取引や、ユーロ円の金利先物の金利先物取引、日経平均先物などの株価指数先物取引、架空の国債を取引対象とする債券先物などがあります。

また、一般的には外国為替証拠金取引も先物取引だと言われますが、正しくは先物取引ではなく、むしろ株式の信用取引とよく似たものになっています。

かつてこれらの取引については複数の法律によって規定されていましたが、現在では金融商品取引法という法律で一体的に規定されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ