先物取引の中でも手軽に始めやすい証券先物

財産上の権利を証券と言い、それが株券であれば有価証券なので証券自体が価値を持ち、売買の対象にもなりますので、手軽な投資として所有している方も少なくないでしょう。
そして、そういったポピュラーなものとは別に、先物取引という投資方法もあります。
これは投資の中でも特にリスクが高いと思われているため、その領域に足を踏み入れようと思う方はあまり多くないかも知れません。

「先物取引の中でも手軽に始めやすい証券先物」の続きを読む

カテゴリー:先物取引

先物取引の要は先物情報の収集

先物取引というと、投資の世界の専門的な言葉として聞こえるかも知れませんが、内容は意外と簡単なものです。
取引における駆け引き手段の一つという堅苦しいものではなく、そもそもは農産物に起因しています。
農家の方々がいくら生産量を計算して生産しようとしても、自然が相手となれば計画通りになるとは限りません。
豊作となれば値は下がりますし、不作となれば高くなってしまいます。

「先物取引の要は先物情報の収集」の続きを読む

カテゴリー:先物取引

株価指数先物取引の魅力とリスクについて

日本における株価指数先物取引は、東京証券取引所と大阪証券取引所で取り扱われており、3・6・9・12月の第2金曜日の始値で差金決済が行われます。
主要な株価指数先物には、日経平均株価先物・日経株価指数300先物・日経225mini・東証株価指数先物などがあり、指数を対象とする取引なので、銘柄選びが簡単なのも魅力の一つです。

「株価指数先物取引の魅力とリスクについて」の続きを読む

カテゴリー:先物取引

金の先物取引にとって重要なチャートの読み方

金への投資のメリットとして、価値が株券などの有価証券と違って値段が下がっても0となることは無く、安定した需要もあるために比較的安定しているという点や、貨幣などと比べてもインフレに強いといったことが挙げられます。
また、株など他の投資対象の相場が下落した時に安定した金に対しての需要が多くなることから、株式投資を行なっている人のリスクヘッジとしても有効です。

「金の先物取引にとって重要なチャートの読み方」の続きを読む

カテゴリー:先物取引

東京商品取引所の商品先物取引業者一覧は親切仕様

一時代前は、先物取引と言えば一部の富裕層やそれを生業にしているプロがする取引との認識が大勢でしたが、現在では普及したインターネットを利用してアクセスすれば、専門の知識や業者の情報を簡単に知ることができます。
昼間仕事をしている会社員も、パソコンやスマホを利用して取引が可能です。

「東京商品取引所の商品先物取引業者一覧は親切仕様」の続きを読む

カテゴリー:先物取引

先物取引の悪徳商法被害に遭わないために

世の中にはいわゆる悪徳商法と言われる詐欺まがいの商法が後を絶ちません。
行政機関はその対策と予防に力を入れていますが、なお被害の報告が出ており、新たな手法で消費者を狙っています。
自宅や職場にある日突然電話がかかり、話を聞いているうちに商品先物取引の勧誘だったと言うことがありませんか。

「先物取引の悪徳商法被害に遭わないために」の続きを読む

カテゴリー:先物取引

先物市場とは投資だけの場ではありません

先物市場とは先物取引をする市場のことであり、こうした取引には様々な効果があります。
まずは価格調整機能で、農作物など生産量によって価格が変動する商品では、特に先物価格を参考にして生産調整を行うことで需要と供給のバランスを安定させる様に動くので、価格が一定基準で保たれることが市場参加者だけでなく多くの人が得られるメリットです。
もちろん先物取引は、多くの人が持つイメージ通りに投資を行う市場として投資の機会も提供しており、広く証拠金制度による取引が行われているため少資金から投資をすることが出来ます。

「先物市場とは投資だけの場ではありません」の続きを読む

カテゴリー:先物取引

先物取り引きと株式投資の相違点

日常的な取引においては、購入者は商品の代金を支払って商品を受け取り、販売者は金銭を受領して商品を引き渡すことで成り立っています。
これを現物取り引きと言い、その対義語として先物取り引きと言う言葉があります。
これには、農産物や原油、石炭などの資源を対象とする商品先物、金融商品や金利などを対象とする金融先物、その他に国債や株価指数を対象とするものまで、その種類は沢山あります。

「先物取り引きと株式投資の相違点」の続きを読む

カテゴリー:先物取引

商品先物取引業界の現状と動向

先物取引には、商品取引と金融取引の他に国債や株価指数を対象とするものまでその種類は沢山あります。
農産物や原油、石炭などの資源を対象とする商品先物では、将来の期日時点で市場価格よりも安く買えたり、あるいは逆に高く売れれば収益となり投資の対象となっています。
アメリカの住宅ローン問題以降景気が低迷していましたが、国内においては明るい兆しも見え始め、企業の中には年度途中で業績見通しを当初より上方修正するところも出てきています。

「商品先物取引業界の現状と動向」の続きを読む

カテゴリー:先物取引

日経225先物とは現物と違った様々な特徴を持つ先物取引です

日経225先物とは、ニュースを見ていると必ず出て来る日経平均株価を対象とした先物取引で、先物取引の中でも身近な指標を対象としているので、初心者にも優しい投資方法として注目されています。
取引単位としては、ラージとも呼ばれる日経225先物は日経平均株価の1,000倍で、日経225miniやミニと呼ばれるものでは100倍になります。
1,000倍というと、日経平均が17,000円の場合には1,700万円となってしまうので、全ての資金が必要とされる場合には投資出来る人が限られてしまいます。

「日経225先物とは現物と違った様々な特徴を持つ先物取引です」の続きを読む

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ