先物取引

先物取引

日経先物取引では手数料は要チェックです

先物取引とは、取引が発生した時点での約定価格で売る・買う側の当事者が、将来の定めた期日に現物を受け渡す取引方法です。 その種類は沢山あり、小豆、米、金などの商品取引と、デリバティブと言われる金融派生商品が対象の金融取引、その他に国債や株価...
先物取引

日経225先物は取引時間などに特徴があります

日経225先物とは、日々のニュースで必ず発表されているお馴染みの日経平均株価を対象とした先物取引で、そのままで呼ばれることの多いラージと、日経225ミニと呼ばれる取引方法があります。 この2つの取引の違いとして、取引金額がラージが日経平均...
先物取引

商品先物会社選びのポイント

小豆相場、米相場などと聞くと、何か危険で大儲けの可能性もありますが大損もあるイメージがありますが、それは一昔前の話です。 現在はインターネットの普及によってホームトレードのスタンスが一般的となり、むしろ商品先物をしている人は知的でスマート...
スポンサーリンク
先物取引

先物取引などにおける証拠金の清算機構

証拠金とは、先物取引やオプション取引における損失をカバーするための担保のことです。 商品市場の健全な運営の確保と、委託する側の保護の観点から、商品先物取引法に基づき定められています。 この制度における関係機関として、商品取引所、商品取引...
先物取引

商品先物取引業には認可が必要です

平成23年1月から商品先物取引法の施行により、個人を相手とする商品先物取引を行う業者には「商品先物取引業者」として認可が必要となりました。 商品先物取引業に該当する業務としては、商品市場に関する取引の委託を受けることや、この委託の媒介や取...
先物取引

先物取引における確定申告のポイント

先物取引においては、他の所得と合計せずに分離して税額を計算し、確定申告によりその税金を納めます。 いわゆる申告分離課税方式をとり、確定申告の期間は翌年の2月から3月中旬までに行い、税率は所得税15%、住民税5%の合計20%となります。 ...
先物取引

日本商品先物取引協会の組織概要や役割

日本商品先物取引協会は、平成3年に社団法人日本商品取引員協会として設立され、平成11年に商品取引所法の改正で現在の名前へと改称して活動を続けており、農水省や経産省からの認定も受けている法人です。 会員となっているのは、商品先物取引を行なっ...
先物取引

石油先物取引とそのメリット

冬を迎える時期になると、決まって灯油価格が話題に昇ります。 また、ここ数年でガソリン価格が1年間でリッターあたり10円以上も上がっています。 価格上昇の原因は原油価格の高騰の場合が多く、限りある資源であることから、供給不足に陥ったり、石...
先物取引

商品先物としての金の魅力

人を惹きつける魅力を持つゴールドは、手元に持っているだけでも幸せな気分になるものですが、投資商品としても輝いています。 現在地上にあるものと今後採掘可能なものも合わせると膨大な量が存在し、全ての金属の中で最も安定しています。 空中や水中...
先物取引

国債先物取引の仕組みとリスクヘッジの重要性

国債先物取引は文字通り国債を対象とした先物取引で、将来のある時点において、現在設定した価格で国債を売買する約束を行うものです。 値上がりを予想した時には買い、値下がりを予想した時には売るポジションに居ることで利益が得られ、基本的に国債先物...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました