広範な業務と社会貢献に取り組むマッコーリーキャピタル証券会社

マッコーリーキャピタル証券会社は、2004年3月にオランダのINGのアジア現物株式部門を買収し、2004年4月に設立されました。
1969年ロンドンのヒル・サムエル・アンド・コーポレーション・リミテッドの子会社、投資銀行ヒル・サミュエル・オーストラリアとして発足し、1970年1月には、シドニーにわずか3名の従業員で銀行を始めた事から始まったマッコーリーグループの一つです。

このグループは、銀行業務やファイナンス、アドバイザリー業務に投資業務、資産運用サービスを運用する世界有数の金融機関で、世界各地の金融センターに拠点を構えています。

そうした各地に関する豊富な経験と深い専門性を活かして行なっているのは、法人向けの投資顧問を行うアドバイザリー業務や世界中の主要な金融市場のリサーチ業務です。

このリサーチした情報は、機関投資家や政府、法人といったクライアントに必要とされる広範かつ深遠なものとなっています。

金融商品としての取り扱いは、株式を指標としたデリバティブ取引であるエクイティデリバティブや、払込と利払が円建てで償還が外貨建てといった二重通貨債であるデュアル・カレンシー債を代表するストラクチャード商品などです。

マッコーリーキャピタル証券会社は東京に拠点を置き、世界のネットワークを駆使して、全ての時間帯において機関投資家やヘッジファンドの顧客サポート体制を整えています。

また、マッコーリーグループは社会貢献活動にも積極的に取り組み、従業員が居住・勤務する地域社会へ大きく貢献する事を目指す企業体です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:証券会社

このページの先頭へ