グリーンジャンボ宝くじ発売日は毎年2月から3月初め頃です

さまざまな人の夢として購入されている宝くじは多くのファンを持ち、発売元に地方自治体が挙げられ、一般の個人や企業が販売することは法律により禁止されています。
これにより、宝くじを販売できるのは、宝くじの法律「当せん金付証票法」に定められた全国の都道府県と20指定都市である地方自治体であり、これらが総務大臣の許可を得て発売元として、販売を銀行等に委託するものです。

その販売されるものの一種である大型くじとして、「ジャンボ」の言葉を頭に付けたジャンボ宝くじは、昭和54年の「サマージャンボ宝くじ」(第151回全国自治宝くじ)から「ジャンボ宝くじ」と呼ばれ、大きな夢を象徴する宝くじとなりました。

また、1年後のドリームジャンボ宝くじでは、その時代では巨額の1等賞金3,000万円を実現し、それ以来ドリーム・サマー・年末の3大ジャンボ時代が続き、当せん金額も上がっています。

そして、昭和59年2月に発売された第197回全国自治宝くじでは、国土緑化推進運動の一環として「緑化宝くじ」との名前で登場し、この緑化宝くじは昭和61年から「グリーンジャンボ」という愛称に変わりました。

このグリーンジャンボ宝くじ発売日は、毎年2月から3月の初めあたりまでとなっています。

このくじにもジャンボと名前は付いていますが正式なジャンボ宝くじにはならず、発行できる枚数が限られていますので全国通常宝くじになります。

2014年グリーンジャンボ宝くじは1等前後賞を合わせて最高4億円で、1等は17本となっており、毎年多くの方が夢を購入しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:宝くじ

このページの先頭へ