本数派向けのミリオンドリーム宝くじ

宝くじを購入する人には、2種類のタイプがあるといいます。
ひとつは、当選確率が低くても高額賞金の宝くじを購入して億万長者を目指す賞金派タイプで、もうひとつは賞金額は多少低くても、当選本数が多く当選する確率が高い方が良いという本数派タイプです。

財団法人日本宝くじ協会の宝くじ世論調査によれば、宝くじを過去に1度でも購入したことのある購入経験者は、約8000万人に上ると推定されており、これは日本人の7割が宝くじを購入したことになります。

このように、宝くじは国民的な娯楽として定着していますが、リーマン・ショックによる世界的な景気悪化が起こった2000年代後半には売り上げが低下しました。

このような時期に登場したのが、ミリオンドリーム宝くじです。
ミリオンドリーム宝くじは、1等が100万円で当選確率が高い、上記でいう本数派タイプ向きの宝くじです。

タイプが違う宝くじを同時期に販売することにより、購入者は当選確率が低くても高額賞金のジャンボ宝くじと、逆に賞金額は多少低くても当選確率が高いミリオンドリーム宝くじのように、両方を購入する人が増えました。

この効果により、低下しつつあった購入率は盛り返し、現在ではミリオンドリーム宝くじの代わりに、当選確率が高いうえ、1等2000万円の高額賞金になる2000万サマーも登場しています。

以前より当選確率が上がっている宝くじ、まだ買ったことが無いという人は、この機会に購入してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:宝くじ

このページの先頭へ