単元未満での取引が行えるS株の魅力

通常の取引所の株取引では、銘柄毎に1口100株や1,000株など売買の単元株数が決まっていますが、ネット証券のSBI証券で取り扱っているS株と言われる単元未満株では、単元株数に関わらず1株から取引が可能です。
また、10分の1単位で取引されるミニ株とは違い、100分の1や1,000分の1単位等での取引が行えるS株は、少額の資金での分散投資や多額の資金を必要とする銘柄への単元未満株での投資も可能になります。

株主分配等で発生した単元未満株を買い増しすることで単元株にする事も出来ますし、単元株同様に株主権がありますので、配当の分配や株式分割の割当の際にも保有株数に応じて正規配分されます。

単元株とは異なり議決権はありませんが、株主優待の権利や実施の有無は各企業により異なります。
NISA口座や特定口座の選択も可能で、取扱銘柄も豊富であり、東証上場銘柄は買付と売却が共に可能です。

単元未満株は当日始値と翌営業日始値の1日2回の取引チャンスがありますので、1日1回の取引の機会しか無いミニ株に比べて機動的な投資が可能です。

携帯端末を利用したモバイルトレードにも対応していますので、各種取引や市場状況の確認等を移動中や外出先にて、パソコンが無い環境での取引も行えます。

SBI証券の口座をお持ちでない方はインターネットで手続きが行えますし、口座開設や口座管理料が無料なので、初心者でも安心して投資活動を開始出来ます。

興味がある方は、まずはサイトへアクセスされてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:株投資

このページの先頭へ