リコーの株価をテクニカル分析とファンダメンタルズ分析の視点から見ていく

リコーの株価の推移と今後の予想をしていくにあたって、2つの視点から見ていくこととします。
1つ目は、チャートを使ったテクニカル分析です。
まず、過去10年間を見てみますと、2007年に高値約3,000円をつけた後、リーマンショックにより大きく下がっています。
しかし、今現在はリーマンショックの安値をさらに下回ってしまっている状態です。

つまり、チャートから言えることは、長期下方トレンドに入っていると見ることができます。
現在約600円の株価が戻っていくには、日本経済の回復と業績アップが必須条件になるでしょう。

2つ目の視点は、業界の市場を見ていくファンダメンタルズ分析です。
こちらも、OA機器の業界は非常に厳しい状況だと言えます。

なぜなら、成熟市場ということもありますが、コピー機の単価(カウンター料金)がどんどん安くなっているからです。
カウンター料金とは、1枚刷ったらいくらというもので、例えば、コンビニのコピー機を考えれば分かりやすいでしょう。

コンビニでは白黒10円、フルカラー50円ですが、今や企業に設置しているコピー機は白黒1円、カラー10円という状況です。
このカウンター料金は、そっくりそのまま収益となります。

数年前では、企業に設置しているコピー機は、白黒5円、フルカラー30円程度でした。
このことから考えても、収益が大幅に減っていることは容易に連想できます。

一度下がったカウンター料金は上がっていくことは考えにくいので、今後はITをもっと絡めていく必要があるでしょう。
画期的な商材が出て、売上が伸びない限り業績回復は難しいと考えられます。
この2点から、今後の株価は横ばいかジリジリ下がっていくと予想します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:株投資

このページの先頭へ