不動産投資と法人設立について

不動産投資に限らず、投資を行うにあたって大切なことは、投資家それぞれの状況に応じた安定した収入が得られるシステムの構築です。
不動産投資の場合なら、保有土地の有無や投資可能な金額の過多などの違いに応じて、ケースバイケースで利益が出るシステムを作ることができれば、安心して投資が行えます。
実際に、このシステムに取り入れる必要がある事柄には、例えば不動産取得時に発生する費用である登記に要する費用や融資手数料に関わる費用、火災保険や地震保険、仲介手数料といったものが挙げられます。

また、不動産購入時の固定資産税や不動産取得税も重要な項目です。

不動産を取得してアパートやマンションの経営を始めた後も、毎月の経費や固定資産税、火災・地震保険のための経費が掛かり、利益が出た場合には利益に対し税金が掛かります。

投資家が不動産の投資で利益を生むには、こうした不動産取得前後の一連の事項を管理しなければならず、システム化は有効な方法と考えられます。
さらに、この利益を生むシステムを作る方策の一つが法人設立です。

法人を設立して不動産投資を法人格で行えば、掛かった費用を経費として計上できる他、所得の分散という観点からも有利になります。

尚、現在では法人設立も比較的容易で自己資金1円でも株式会社が作れる上、設立の準備から手続きの仕方、役所への届出書類などのサポートを行なってくれる専門家や企業も多くあります。

不動産の投資を計画している方は、利益を生むシステムを作ったり法人設立などは簡単ではありませんが、助けてくれるパートナーの情報はネットでも手に入れられますので、それらの情報を活用して投資を成功させましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ