日本株式新聞社の投資手帖は投資家の必需品

株式会社日本株式新聞社は、東京の日本橋茅場町に本店を置き、日本証券取引所のある兜町に近い位置にあります。
創業が1957年と歴史も古く、投資情報誌である月刊「投資手帖」を発行し、投資家の堅実な資産運用をサポートする会社です。
購読料は月730円で、1月号のみ780円ですが、定期購読にすると送料が無料になります。
金利の上昇が望み難い最近の状況下では、株式投資に人気が集まっています。

企業は経営者至上主義から抜け出して、企業を応援する株主を重視する方向への変換を図るようになり、中でも個人投資家の動向に注目し始めています。

その動き次第では、株式の価格にも影響を及ぼし兼ねないことに懸念を持つ企業が増えてきました。
こうした個人投資家が愛用する物の中にこの投資手帖があり、この分野の専門誌としては1位の売上を示しています。

その人気の秘密は、個人投資家のニーズをしっかり把握して情報を提供すると言う編集方針にあり、著名な専門家や評論家らの生の声が多数掲載されていること、又、誤った情報を提供しないよう万全を期している点が挙げられます。

一方、株式市場に限らず、関心が集まっているその他の金融商品に関する記事も誌面に数多く掲載され、投資の多様化に対応している点も好評を得ている理由の一つです。

時代の趨勢や経済動向をしっかりと掴み、読者に対する情報提供を常に心がけ、個人投資家の間ではバイブル的存在となっている雑誌と言っても過言ではないでしょう。

個人で株式や金融商品に対する投資をする際の情報誌として、信頼のある日本株式新聞社発行の投資手帖の購読をお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:新日本証券

このページの先頭へ