資産運用の1つとして注目されるJリート投資信託

Jリート投資信託は、もともとアメリカで生まれた不動産投資信託であるREITが元になったもので、JAPANのJを付けてJリートと呼ばれたり、ただ単にREITと呼ばれたりと様々です。
個々の出資が少額であっても、多くをまとめて大きな額にすることによって大規模な商業施設などの不動産物件に投資出来るスケールメリットが魅力の一つで、その賃貸収入や転売による売却益などを投資家に分配する目的を持っています。

Jリートは不動産投資法人と呼ばれる会社の形態をとっており、このような投資によって得られた収益の90%超を投資家に分配することなどにより法人税が実質かからなくなることから、分配金を得やすい特徴も持つ金融商品です。

また、個人で不動産投資を行う場合などにおいては、なかなか複数の物件に投資することは難しいですが、Jリート投資信託では性質や地域の違う物件などに分散投資を行うことによって、リスクの軽減を図っています。

流動性の低い不動産を対象としていることから、解約を受け付けた場合、解約に応じて不動産を売却するのは現実的ではないため、通常は中途解約が出来ませんが、証券取引所に上場しているので実質的には途中で売却することも可能です。

株価が回復傾向にあるものの、銀行の金利は記録的な低金利が続き資産運用のニーズの高まっている今、資産運用の選択肢の一つとしてJリート投資信託が注目されています。

投資信託協会ではガイドブックのプレゼントも行なっているので、興味のある方は申し込んでみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資信託

このページの先頭へ