投資信託のSBIを紹介します

SBIはソフトバンク中間持株会社のソフトバンク・ファイナンスが前身で、2006年にソフトバンクグループから独立し、SBIグループとして様々な事業の展開を図っています。
ブランドの管理・運用はSBIフォールディングスが行なっており、証券業、銀行業、住宅ローン事業などグループの事業内容も多岐に亘っています。
その中で、投資信託を扱っているオンライン証券会社と銀行を紹介します。

一つ目は、日本最大の金融商品ディストリビューターを目指すSBI証券です。

顧客中心主義の理念の下、画期的な手数料体系で豊富な商品とサービスを提供することで、オンライン証券会社の先駆者として圧倒的なシェアを持ち業界トップを誇っています。

国内外の株式は勿論、投資信託やMMFなど様々提供しており、商品のラインナップも充実しています。

また、商品だけではなく投資における主要指標、ニュース、チャートといったマーケット情報やメールサービス、証券担保ローンと様々なサービスを楽しめる所が魅力です。

二つ目は住信SBIネット銀行で、インターネットフルバンキングを目指し、多様な商品とサービスを提供しています。
円預金をはじめ外貨預金、投資商品でも知られている投資信託、債券など個人向け、企業向け双方に様々な商品を設けている点が特徴です。

また、公営競技である競馬や競輪、TOTOやBIGといった宝くじも買うことが出来ますので、大変便利な銀行と言えます。
簡単で便利なオンラインを利用すれば、投資はそう難しいものではなくなるかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資信託

このページの先頭へ