投資信託や投資家の間では銀が注目されています

投資信託を一言で言うと、投資家から投資目的で集めた資金をまずは大きな資金としてまとめ、それを運用の専門家が各種金融商品などに投資・運用し、その投資による成果を投資をした人それぞれへと投資額に準じて分配する仕組みの金融商品です。
投資家や投資信託の間では、金融商品では株式や債券などへの投資が人気ですが、実質資産として、主に純金やプラチナ、銅、そして「銀」に投資する方が増えています。

この「銀」は、純金と同様に貨幣や宝飾品に使われており、通貨と商品の両方の性質を持っています。
世界中でも価値が保証されているため、価格が暴落して価値が極端に下がる心配はないでしょう。

さらに銀は、貴金属としての価値や、銅のような工業品としての価値を兼ね備えており、太陽光パネルや電子部品には欠かせない素材として需要があります。

そのため、工業用途の需要が高く価格が上がる特徴があり、過去には太陽電池の需要が高まることを受けて、価格が約10ドルから1年間で約50ドルまで上がりました。

長期的な投資水準として「割安」と判断されていますので、知名度の高い純金ではなく、あえてこちらに割安感から長期投資する投資家の方もいらっしゃいます。

デメリットには、空気中の物質と反応して変色して黒ずむため保存コストがかかることや、市場規模が小さいため値動きが荒いことが挙げられますが、長期的には需要と供給の関係から値上がりする予測がされています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資信託

このページの先頭へ