格付けランキング上位の信託銀行には特徴的な信託商品が揃っています

信託銀行は一般的には馴染みの無い銀行ですが、銀行の中でも金融機関の信託業務の兼営等に関する法律で信託業務の兼営の認可を受けたもので、主に信託業務を行う銀行の事を指します。
そうした銀行の中で格付けのランキング上位に挙げられている銀行は、まず「三菱UFJ信託銀行」があります。
特徴のある商品としては、2013年度の日経優秀製品サービス賞で最優秀賞・日経ヴェリタス賞を受賞した教育資金贈与信託「まごよろこぶ」が挙げられます。

2013年4月1日から2015年12月末までの期間限定で、国の施策として始まった教育資金贈与の非課税制度を利用した教育資金の贈与信託商品です。

信託期間中は手数料が無料である上、必要な教育資金を立替えしなくても予め払い出すことが可能で、元本まで保証されます。

通帳に孫との写真や直筆のメッセージが遺せるなど細かな気遣いも嬉しい点です。
そして、「三井住友銀行」は、信託銀行と称していないものの兼業の認可を受けており、信託業務を行なっています。

特徴的な信託商品は「家族リレー信託」で、公的年金だけでは不足する老後の資金を準備して、その残余分を平均寿命は男性の方が短い為に、遺されてしまった配偶者の生活資金に充てるというプランです。

他に、老後の資金は残して残余分は子供に遺すというものと、子供に遺す資金を今のうちに決めてすぐに渡す資金と後で渡す資金を信託するというものがあります。

このように、ランキング上位の信託銀行には、工夫を凝らした信託商品があるのが特徴です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資信託

このページの先頭へ