投資信託は、1万円台の価格から購入できます。

投資信託とは、投資家から集めたお金を、ファンドという基金にひとつにまとめて、株や不動産、債券などに投資をするという金融商品のことです。
また、少額からでも購入が可能で、1万円台の価格設定のものも多くあります。
少額の資金を集めて運用を行うので、一般的に小資金では投資しづらい、大型の投資対象にも投資をすることを可能にした商品です。

多くの投資家からの資金をまとめて大きなファンドを作り、そのファンドで数多くの株式や債券などに投資を行うわけですから、投資のリスクを少なくする効果が生まれます。

価格変動が異なる多種多様な金融資産に運用資金を振り分けることによって、リスクを低減させることができるのです。
また、ファンドマネージャーと呼ばれる運用の専門家が、投資家の代わりに投資先を決定し、運用を行ってくれるのも投資信託の特徴と言えます。

資産運用をする場合には、自分のライフプランに合わせて、いつ、いくらのお金が必要なのかを見極めることが大切です。

食費、交際費、公共料金などの日常的に使うお金や、マイホームや教育資金などの今後使う予定のあるお金、海外旅行費用、娯楽費用などの余裕のあるお金などという風に、自分の総資産を分類するこも1つの方法で、このうち、余裕のあるお金と分類したものの中から、投資信託などの資産運用を行っていきます。

余裕のあるお金があまりないという方は、住宅ローンの見直しで、将来の金利負担を軽減することは出来ないかということを考慮してみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資信託

このページの先頭へ