投資信託では、現在ロシアに投資するファンドが人気を集めています。

投資信託とは、多くの投資家から資金を募って、それをファンドと呼ばれる基金に1つにまとめて、投資の専門家であるファンドマネージャが、目的に適している投資先の情報収集や分析を行い、株や債券、不動産などに投資を行う金融商品のことをいいます。
その投資信託で現在注目を集めているのが、ロシア関連の商品です。

過去3年間の投資成果を見ていくと、上位10のファンドのうち、ロシア株に投資を行うファンドが6つも入っていました。

イラン制裁の影響で、その代替エネルギー資源国としても、現在注目されています。
天然資源の豊富な国というのは、投資の対象となりやすいものです。

この国は、石油や金、天然ガス、レアメタルなどといった資源が豊富で、しかも経済成長が続いているために、中長期的な投資の対象として人気を集めています。

しかし、経済が順調ということだけで、ロシア系のファンドが人気というわけではありません。
BRICs全体が注目をされている中で、ブラジルやインド、中国といった国が、2008年のリーマンショックなどの出来事をきっかけに勢いを落としていき、その結果相対的にこの国の人気が高まっているといえます。

ただし成長余力のある新興国は、インフレによる為替などの影響は十分に注意が必要でもあります。
成長率の高い新興国は、物価の上昇率も高くなる傾向がありますから、インフレになるとその国の通貨の価値は下がります。

つまり円高になることが考えられるのです。
そのため、BRICs全体の株に投資を行うファンドをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資信託

このページの先頭へ