投資信託は、儲かるものもあれば損失になる場合もあります

投資信託は、ファンドマネージャーなど運用のプロに自分の資金を託して運用を行ってもらい、その運用益から手数料を引いた分を受け取ることができる仕組みです。
資産運用のひとつとして、一般的によく知られています。

こうした資産運用は、自分で行うには忙しい方や専門家に運用を託したいという方に向いていて、証券会社ではこうした販売に近年力を入れているので、利用者はさまざまな種類から自由に選べることになります。

しかし、投資信託では儲かるものもあれば、損失になる場合もあります。
利用者は、信託手数料を負担することになるので、できれば運用益が出て欲しいと考えますが、相場の状況が悪化していると、運用のプロでも大きな損失を出す場合があるのです。

このように、資産運用ではリスクもあることは考慮して、自分に合ったものを選ぶことが重要で、証券会社が薦めてきた商品をそのまま購入することは避けましょう。

購入する際には、事前にリスクなどについてしっかり理解してから投資をすることが大切です。
そして、資産運用では、少ない資金からでも投資ができることが魅力のひとつでもあります。

初心者は、先ず少ない自己資金から始めてみることをお勧めします。
万一損失が出た場合でも、影響が少なくて済みます。

この投資信託を購入すれば、100パーセント儲かるという商品は存在しません。
最初は低リスクな商品から投資を始めてみることで、投資に関する知識や経験を積むことができ、将来の自己の資産運用に役立ちます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資信託

このページの先頭へ