投資信託は投資初心者にお勧めです

インターネットの普及や、年金問題による老後の生活資金に対する不安の高まりなどの理由から、ここ数年、個人投資家が増えてきています。
投資の方法には、株を売り買いしたり、株から配当金を得たり、社債や国債を購入したりという方法がありますが、投資というものは必ず儲かるというものではないため、投資初心者にとっては、どの投資の手法も難しく感じられます。

そんな投資初心者の方にお勧めしたいのが、投資信託です。
投資信託という言葉を聞いたことがあっても、その仕組みを知っている方は少ないのではないでしょうか。

そこで、その仕組みについて見ていきたいと思います。
まず、委託会社が販売窓口である販売会社を通じて、受益者(投資家)から資金を集めます。

委託会社は、集められた資金を受託者(信託銀行)に渡し、受託者はその資金を株式や債権の市場に投資し運用します。
この際、委託会社は受託者に運用方法の指図をすることができます。

受託者が運用した結果、発生してきた利益は委託会社に渡され、一部が分配金として受益者である投資家に渡されることになります。
仕組みを見ると分かりにくいかもしれませんが、要するに、投資家自身が運用するのではなく、専門家に任せるということです。

投資家は、その投資からもたらされる利益の全部を取得できるわけではありませんが、多くの投資家から資金を集め運用しているため、効率的に利益を上げることができます。

投資はしてみたいがどうすればいいのか分からないという投資初心者の方は、ぜひ投資信託で始めてみて下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資信託

このページの先頭へ