投資信託の運用スタイルによる比較

世界的な経済の低迷が原因となり、預金による金利などにも期待が持てないため、この預金に代わる安全性が高い資産運用法をお探しの方が増加傾向にあります。
この安全性の高さで注目を集めている金融商品として、投資信託が挙げられます。

投信とも呼ばれるこの金融商品は、一般の投資家から資金を集めてファンドを形成し、ファンドマネージャーなどの投資の専門家が資金を運用するものです。

この投資による資産運用により、安全性が高く、収益を得ることを目的とした投資が可能になります。
投資信託には、運用スタイルにより幾つかの異なった種類が存在します。

ここでは、投資信託の運用スタイルによる比較について説明します。
先ず最初に、ベンチマークと呼ばれる運用成績の目安によって、その種類が異なってきます。

パッシブ型は、ベンチマークと投資信託の基準価格が同じように推移するように運用されるものです。

このパッシブ型の投資信託では、短期間に大きな収益を得ることを目的としたものではなく、長期的に利益を積み重ねる事を目的としています。

それ故に、投資経験の無い初心者の方にお勧めな投信です。
次に、より積極的な運用を行いベンチマークを上回る事を目的としたアクティブ型の投資信託があります。

こちらは、より大きな収益を上げる事を目的とした金融商品です。
しかしながら、運用成績により収益目標を達成できない場合もあります。
このように、投資信託にはその運用スタイルにより異なった種類があるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資信託

このページの先頭へ