日本アコモデーションファンド投資法人の特徴

日本アコモデーションファンド投資法人は、賃貸住宅や社宅、学生寮・学生マンション、シニア住宅、サービスアパートメントといったアコモデーション資産を投資の対象にしています。
現代は家族構成や生活様式の変化に伴って住宅や滞在空間の需要が多様化しており、その様々な需要に対応した便宜を提供し、収益の安定確保を目指すものです。

また、「三井不動産グループ」を最大限かつ積極的に活用し、三井不動産グループではアコモデーション事業についての全ての業務を一貫して行える体制を築いています。

つまり、マーケットの調査・分析、用地取得、企画・設計、施工管理・監修、リーシング、管理・運営をグループ内で行うことが可能なのです。

三井不動産グループを活用するメリットは、このグループが有する資産開発能力や管理・運営能力、情報収集力などを内外的な成長のため最大限に活用できる所で、また、グループ各社が持つ専門性を活かした管理・運営能力によって、資産価値を長期的に維持し、賃料と稼働率の維持・向上に繋げられます。

さらには、分譲住宅の秘訣を活用した「パークアクシス」や他社が企画・開発した「パークキューブ」により、ポートフォリオを構築する方針も掲げています。

運用資産においては、5つのブランド戦略を推進する特徴があり、これによって多種多様な環境に対応しながら機能とデザインで差別化を図り、サービスとサポートによる利便性の向上、安全・安心確保、時代に適応した環境作りを目指しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資ファンド

このページの先頭へ