プライベートエクイティーファンドとヘッジファンドとの違い

ファンドとは複数の投資家から資金を集め、その資金を用いて投資を行い、投資により生み出された利益を投資家たちに配分することがファンドの役割です。
ファンドは一定の利回りを目標利回りとして設定していますが、投資家たちは目標利回りなどを参考にして、どのファンドに出資するかを決めます。

ファンドにはファンドマネージャーという投資のプロがおり、優秀なファンドマネージャーは安定して利益を生み出すことができます。
そのため、優秀なファンドマネージャーのいる投資ファンドには多くの投資家たちが出資をします。
投資ファンドの中にはヘッジファンドと呼ばれるものがあります。

ヘッジファンドは代替投資の1つで、富裕層から多くの資金を集め、その資金を様々な手法で運用するファンドのことで、投資信託とは異なります。

ヘッジファンドの目的は非常にシンプルで、資金を初めと比べてどれだけ増やすことができたかということです。

プライベートエクイティーファンドとはヘッジファンドと同じように複数の投資家から資金を集め投資しますが、その資金を株式などに投資するのではなく金融機関や事業会社などに投資し、さらにその企業の経営陣に加わり経営に深く参加することで、企業の価値を高めます。

そして企業の価値が高まったところで売却することで利益を得るのです。
これがプライベートエクイティーファンドの手法です。
短期的な投資を行うヘッジファンドとは異なり、このような中長期的な投資を行います。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資ファンド

このページの先頭へ