金の先物取引にとって重要なチャートの読み方

金への投資のメリットとして、価値が株券などの有価証券と違って値段が下がっても0となることは無く、安定した需要もあるために比較的安定しているという点や、貨幣などと比べてもインフレに強いといったことが挙げられます。
また、株など他の投資対象の相場が下落した時に安定した金に対しての需要が多くなることから、株式投資を行なっている人のリスクヘッジとしても有効です。

それでも現物市場で投資しようとしても、多額の費用が必要となるために注目されているのが先物取引で、証拠金制度によって少額の費用で取引をすることが出来ます。

こういったメリットがありますが、先物取引の場合には限月と呼ばれる取引の期限が設けられているために、期間中の相場の変動をきっちりと掴んで取引を行うことが重要になります。

そこで、取引業者の多くが提供しているのがチャートと呼ばれるもので、様々な種類で相場の動きを知ることが出来ます。
良く見るのがローソク線とよばれるもので、このローソク状のもの一本で1日の始値や終値、最高値と最安値を知ることが可能です。

ローソク線だけでも長期的に見る事で相場のリズムが分かり、一定のトレンドがあることを読み取ることが出来ますし、チャートを提供している会社によって違う様々な指標を重ねて見ていくことで、より深く動きを推測することが可能となります。

このように、金取引の中でも取引に期限のある先物取引では、特にチャートを読み取ることが重要となるので、ローソク線の読み方から覚えると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ