ブラック企業に当たらない為の先物取引

新語・流行語大賞のベストテンにブラック企業という言葉がランクインした年がありました。
インターネットの掲示板に若者が書き込んだことが始まりで、その後、小説が発表され映画化されて世に広まった言葉です。
労働法で規定する範囲を逸脱したような劣悪な勤務環境、過酷な労働を強いる企業を総称して言いますが、明確な定義があるわけではありません。

サービス残業や休日返上、賃金の未払い、嫌がらせやパワハラ、従業員の心身の健康に対する無配慮などがあるとブラック企業と見られる可能性があります。

個別に見ればどの業界にも在すると言えますが、業種や職種、仕事の内容からブラックになりやすい、あるいはならざるを得ないだろうと予測される業界もあります。

世間一般の先物取引会社に対するイメージは、電話勧誘が多く一度断ってもしつこく連絡がくるなど批判的なものもありますが、海外では先物に投資することは知的な資産運用方法との見方があり、そこに勤務する人達は社会的な地位も高いエリート職です。

その代わり、セールスする人間や会社に対し、非常に厳しい法的処置が取られています。

日本においても、地域の国民生活センターや消費生活センターに苦情相談窓口を設置したり、経済産業省の消費者相談窓口でも苦情相談及び紛争仲介を行なっています。

自主規制組織として日本商品先物取引協会が設立され、委託者の保護を目的としています。
国の規制強化も段階的に進み、悪質な業者は行政処分を行い再発の防止に努めています。

その効果も出てトラブルは減少傾向にあり、先物取引業界はブラック企業と言われないよう体制を整えて努力をしています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ