日経225先物取引時間には日中取引とナイト・セッションがあります

日経225先物取引とは、日経平均株価を対象とした先物取引で、日本では大阪証券取引所、アメリカではシカゴ商業取引所、シンガポールではシンガポール証券取引所で取引されています。
日本での日経225先物取引時間は、基本的には日中は午前9時から午後3時15分までです。

午前8時から9時までは注文だけは受け付けてマッチングを行わないプレ・オープニングと呼ばれる時間となり、午後3時10分から3時15分までも注文のみの対応でプレ・クロージングと呼ばれます。

東京証券取引所で株の取引をしているのは、前場が午前9時から午前11時30分まで、後場は午後0時30分から午後3時までとなっているので、現物の株取引より15分取引時間が長いことになるのは、現物株式のリスクヘッジへの配慮です。

さらに、日経225先物取引など一部の商品の特徴として、株式市場取引終了後のニュースなどに対応した取引を可能にし、欧州株式・為替の市場と平行して行うことで、この動きに合わせた取引も出来るナイト・セッションでの取引も行なっています。

ナイト・セッションでの日経225先物取引時間は、午後4時30分から午前3時となっており、午前2時55分から3時まではプレ・クロージングです。

ナイト・セッションで日中時間帯以外の取引機会を提供することにより、幅広い投資家が参加出来るようになっていると言えます。

このように、日経225先物取引時間は、日本では日中とナイト・セッションの2つの時間帯で取引されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ