投資だけではない先物取引市場の役割

先物取引市場の役割としては、まず現物市場の将来における価格変動のリスクを軽減・回避する役割を持っています。
需要と供給のバランスにより商品の価格は変動しますが、この価格が安定しないと日々の生活、そして経済が安定しません。
商品を供給する側としても、この変動によって収入が変化してしまうのでは経済活動に支障をきたします。

そこで、先物取引によって現物取引で買ったものは、先物取引では売るという現物取引と先物取引で反対のポジションで投資を行うことによってリスクヘッジが出来るのです。

次の役割としては、公正な価格を決めることで先物取引市場では多くの参加者によって将来のある時点の価格について取引が行われており、市場のルールさえ守れば誰でも参加出来る透明性も確保された公正な価格が決定します。

また、この先物市場の相場は将来の価格を決めているので、今後の実際の商品の価格の形成にも一役買うことになり、市場に参加していない流通業者や商品を取り扱う仕事に従事する人への情報提供の役割もあるのです。

最後に、この先物取引市場で一番イメージの強いであろう投資の場の提供という点が挙げられます。

自分の思惑通りに値が動けば、買いポジションでも売りポジションでも利益を得られ、証拠金取引で行われるために少ない資金で参加出来るというのがメリットです。

もちろん、証拠金でレバレッジを効かせ過ぎた場合、ハイリスクになる点には注意しましょう。
このように、先物取引市場には投資だけではない役割が存在し、実生活にも影響を与えています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ