商品先物取引での原油の特徴

商品先物取引は、農作物や工業生産物の市場においての価格変動に対応するために使用されていたものです。
これらの商品は市場価格の変動を受けやすいために、予め価格や数量を決めて取引を行う事で、価格変動に対するリスクを回避する事ができます。

例えば、今現在の価格が安ければ商品の先物を買っておく事で、将来必要な商品を安値で調達する事が可能で、又、現在の価格が高い商品を現時点で売却する契約を交わすことで、将来高い収益を上げる事が可能になります。

このようなリスクコントロールを目的とした商品取引の中でも代表的なものに原油があります。
ここでは商品先物取引での原油の特徴についてお話致します。

先ず最初に、先物取引で原油を扱う場合、ガソリンの価格の特徴を把握する事が欠かせなく、ガソリン価格の特徴として需要のピークが夏に集中し価格が上昇するという傾向があります。

次に、先物取引でこの商品を取引する場合、灯油の価格の特徴にも注目する必要があり、灯油はガソリンとは異なり、エネルギー需要の関係から冬に需要が高まり価格が高騰するという傾向も特徴的です。

その他、これらの商品の価格は外国為替市場の動向、天候、産油国の情勢、他国の相場の影響などにも大きく反応するという特徴があり、市場の方向性を長期的に予測する事が困難なものです。
このように商品先物取引でこの商品を取引する場合にはこれらの特徴を十分に把握し取引する事が欠かせません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ