日経225先物取引の概要と取引のコツについて

日経225先物取引とは、日経平均株価を原資産とする株価指数先物取引のことで、大阪証券取引所、シカゴ商業取引所、及びシンガポール証券取引所に上場されています。

日経225先物取引は、TOPIX先物や日経225オプション取引と並ぶ日本を代表するデリバティブ取引であり、日本の投資家に加え、多くの海外投資家が取引に参加しています。

同取引は、日経平均先物とか日経225先物と言われる事もあります。
日経225先物取引では、あらかじめ定められた期日(満期日)に日経平均株価をあらかじめ定められた価格で売買する事を約束する取引となり、原資産が株価指数という実態の無いものなので、決裁は全て差金決済となります。

取引概要を聞くと金融知識の無い人には難しく、簡単には手を出せないような印象を受けますが、要は一定期間経過後の日経平均株価指数が現在の水準より上がっているのか、または下がっているのかを予想し、その予想に基づき取引を行えば良いので、実際にはそれほど難しいものではありません。

取引のコツは、ある程度中長期的視野にたって、経済動向が上向くのか、又は下向くのかという事を常に考えながら売買する事です。
日経平均株価は経済のファンダメンタルズを反映するので、景気が上向けば上昇、景気が下向けば下落するのです。

従って、日経平均先物にて利益をあげるためには、短期的な株価の上下動に惑わされず、中長期的視点に立って取引を行う事が重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ