デイトレードを行う時の証券会社選び

デイトレードとは、1日で上下する相場の動きに応じて株式などの売買を何度も繰り返し、利益の獲得を目指す投資方法の事を指します。
こうした取引方法を行う際に、一回の取引毎に手数料がかかってしまう料金体系を選んでしまうと利益を出す事が難しくなります。
こうした取引が一般にも多く行われるきっかけになったのがネット専業の証券会社であるネット証券の誕生で、その最大の特徴は手数料が安価である事だと言えます。

また、こうしたネット証券の手数料にも1回の取引の約定金額に応じて課金されるものと、1日一定額の約定額まで定額で課金されるものの2種類があり、デイトレードを行う際は定額制の方が有利です。

さらに、口座に預けた金額をそのまま投資する現物取引よりも、その金額の数倍までの範囲で取引の出来る信用取引の方がリスク増大のデメリットを考慮しても資金効率が良く、手数料も安価である傾向があります。

証券会社によっては、デイトレードにより有利な手数料体系を整備しているところもあるので、こうした会社を選ぶのも良いでしょう。
デイトレードを有効に行うには、様々な情報の取得とともに、迅速で確実な取引をする必要があります。

そこで重要なのが、各社で提供している取引ツールで、その使い勝手についてもそれぞれの証券会社毎に機能面や使用感が異なるので比較することが重要です。

これから取引を始めてみようと思っている方は、このような点を十分に比較して口座開設を行いましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:証券会社

このページの先頭へ