証券会社などでは投資詐欺に注意を呼び掛けています

株式を中心とした投資に関心が集まっている昨今、未公開株などについての投資話による詐欺被害が多くなっています。
こういった投資話の典型例は、上場予定の未公開株を購入すれば上場後に必ず値上がりが期待できるといったものですが、このようなセールスの電話に気を付ければ良いと思ってしまいがちではないでしょうか。
しかし、最近の手口は巧妙化しシンプルなセールスばかりでは無くなってきており、劇場型と呼ばれるものでは、突然身に覚えのない会社からパンフレットが送られてくることから始まります。

その後は、パンフレットに書かれた会社ではない所からパンフレットの到着確認の電話があり、このパンフレットに書かれた投資はパンフレットの届いた人しか参加できないことを強調するというもので、そこで購入しないと断っても、購入の権利を譲って欲しいといった話や代わりに買ってくれれば報酬を支払うといった話が次々に持ち掛けられます。

こうした話を受けた時に、迷惑は掛けないと言われれば自分にリスクは無いと考えてしまいがちですが、この話で仮に金銭の支払いが無かったとしても、引き受けた場合にはまだ話は終わりません。

業者に投資する権利を譲った行為が法律違反だといった連絡があり、脅される場合があるのです。

証券会社で構成する日本証券業協会では、このような手口をはじめとした詐欺について注意を呼び掛けており、未公開株に関わる通報専用のコールセンターも用意しています。

劇場型に限らず、投資についてのセールスを受けた時には、名乗った証券会社が信用できるかネットなどで調べることが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:証券会社

このページの先頭へ