安価な取引手数料と情報提供の充実した証券会社の使い分け

預金の低金利が続き、2014年から始まったNISA・少額投資非課税制度などの優遇税制や株価の回復傾向を追い風に、株式や投資信託への投資に注目が集まっています。
そこで考えるのが、数多くある証券会社からどの会社を選ぶのかといった点で、選ぶ際の基準にはいくつかありますが、まずは自分の投資を希望する商品を取り扱っているかを確認した上で、取引を行う際の手数料の金額に注目しましょう。

この手数料については、対面型の営業を行う会社よりもネット証券と呼ばれるネット専業の会社の方が安いのが一般的なので、手数料を重視したい場合には自分が売買する金額の想定を行って、ネット証券の中から比べるのが有効です。

一方、初心者で投資の知識が無いなどの理由から、情報提供やアドバイスが欲しいと思っている場合には対面式がお勧めであり、担当者が付いてくれるタイプの会社の方が良いと言えます。

どちらか迷っている場合には、現在ではほとんどの証券会社で口座開設や口座の維持に手数料が発生しないので、複数の証券会社に口座を持つという選択肢を選ぶのも良い方法となります。

具体的には、売買をメインに行うのは手数料の安いネット証券にして、情報提供やアドバイスが受けられる会社にも口座を開設し、上手く活用すれば有利に取引ができます。

このように、証券会社選択の際には、1つの会社に任せようといった固定概念を持たず、それぞれに違った特徴を持った所に口座開設を行って、使い分けていく方法も考えましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:証券会社

このページの先頭へ