オンライン利用時の証券会社などの使い分け

インターネットの普及と共にネット専業の証券会社も増えてきており、手数料や取引ツールなどのサービス競争が激化しています。
また、それまで店頭での対面営業を主体としていた会社であっても、オンラインでの取引も行えるのが当然になってきていて、コンテンツやアプリの提供によって、携帯やスマートフォンといった端末で場所を選ばずに取引を行うことが可能です。
対面式の証券会社であっても、オンラインを使った取引の方が手数料で有利な場合も少なくなく、個人投資家の中では同じ会社間で取引の使い分けを行う人も居れば、取引によって会社を使い分けている人も少なくありません。

ネット証券でも投資材料になる情報の提供サービスは行っていますが、一般的に対面式の会社の様なコンサルティングなどはしていないので、対面式の会社に口座を持って最小限の取引を進める一方で、メインの取引はネット証券で行うという人もいます。

ネット証券間の使い分けでは、会社によっては取扱う金融商品や約定金額による手数料が異なるため、それぞれの取引で会社を変えるのも良いでしょう。

特に投資信託の場合は同じ商品でも販売手数料が会社によっても違うことが多いため、こうした場合にも会社を比較・検討することが重要となってきます。

このように、オンラインを利用して進めていくかといった点以外にも、証券会社の上手な使い分けにより有利な条件で投資ができるケースも見られますから、比較サイトも活用しながら会社を選んでみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:証券会社

このページの先頭へ