情報収集ならアメリカの証券会社

様々な金融商品や最新の金融商品を取り扱っているアメリカの証券会社ですが、情報収集を目的とする場合でも、やはりアメリカの証券会社がお勧めです。
英語の価値は非常に高いものがあり、英語には情報が集まってくる力があります。

未だに、日本の証券会社などの情報は英語圏の情報の翻訳が中心で、日本の国内の情報以外は英語で入手するほうが早く、翻訳された情報を読むよりもわかりやすいものも多いのが事実です。

翻訳の際に抜け落ちる情報も多く、場合によっては意図的に情報が歪められることもあるので、英語を使う面倒さという点はありますが、翻訳された意味不明で中途半端な情報を読むよりも、直接、アメリカの証券会社が提供している情報を読んだほうがロスが少なく最新の情報を入手出来ます。

最近の情報端末は英語の文章を読む際に便利なツールが豊富に揃っていますので、学生時代にある程度英語に親しんでいた人なら十分に対応出来るものです。

投資や金融、経済に使われる英語は、語彙は専門的なものが使われていますが、文章そのものは読みやすく平易なものが多いのが特徴で、理解できない文章は、投資理論などの理論そのものが難しいという場合なので、この場合は理論の理解を頑張ってするしかなく、英語とか日本語とかの問題ではありません。

英文そのものは平易で、日本の大学入試でよく出題されるような文法が難解なものも少ないので、英語に抵抗感のない方ならしばらく読み続ければ必要な情報を拾い上げることに問題はないでしょう。

ダイレクトに情報を入手できるので、英語圏の証券会社の口座を一つ持っておき、情報収集ツールとして利用することをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:証券会社

このページの先頭へ