証券会社員の仕事内容について

証券会社員というと、個人や法人顧客に株式や債券などの投資商品を売る仕事をしているというイメージが強いですが、必ずしも投資商品の販売のみをしているわけではありません。

確かに投資商品の販売業務は中核となる業務の一つであり、そこから得られる販売手数料は会社の大きな収益源となっていますが、最近の証券会社は収入源の多角化を図っており、様々な事業を営んでいるため、業務は非常に多岐にわたっているのです。

投資商品の販売業務以外の主たる業務として、まず投資アドバイザリー業務があげられます。
これは、個人や法人の顧客に対して投資に関するアドバイスを行う業務です。
勿論、アドバイスといってもただ単にどの銘柄が良いという事をアドバイスするといった簡単なものではありません。

ある投資商品を購入した場合、それが投資家のポートフォリオにどのようなインパクトをもたらすか、また投資商品が抱える潜在的リスクとリターンはどの程度の物なのか、さらにはその投資商品は現在割安な水準になるのか、割高な水準にあるのかといった事を、定量的かつ定性的に分析を行い、顧客へとフィードバックするのです。

また、時には顧客に代わって取引相手と交渉を行う事もあります。
その代表的な例はM&Aのアドバイザリー業務です。

こうした業務を行うためには金融商品に対する高い知識が必要とされるため、サービスの需要は高いです。
また、顧客からの資産を預かり、証券会社が任意で運用する資産運用マネジメント業務も主たる業務の一つとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:証券会社

このページの先頭へ