銀行と証券会社の違いは利益の出し方です

銀行は、個人や企業からお金を預金してもらい、預かった預金額を個人や企業に融資しています。
本店と支店があり、業務内容が異なります。
支店は地域のお客様と密接につながっており、窓口のサポート、生活資金に関するローンや企業活動への融資、担当エリアの顧客に対して各種金融プランや金融サービスの提供などを行っています。

支店は身近なところにあることがほとんどですから、たいへん親しみやすい存在だと思います。
本店は、それぞれの支店に対する支援を行っており、国内だけでなく国外との取引なども業務のひとつです。

証券会社は、証券取引法に基づいた株券などの有価証券の売り買い、企業と株を購入する人とを結びつける取次ぎなどを行っています。
近年は、インターネットが普及したことによりインターネット専業の証券会社が増えています。

たいへん数が多いので、似た名前の会社も少なくありません。
取引するときには、有名な会社なのかどうかをチェックしてから口座を開設することをお勧めします。

対面営業とは違って、営業の拠点や多くの販売員を必要としないため、低コストで運営することが可能となっています。
銀行と証券会社の大きな違いですが、お金を貸して利子で利益を得るのと、株などを購入するときに仲介することによる手数料を取って利益を出すという違いがあります。

投資商品を扱う銀行も増えてきていますから、両者の違いはだんだん分かりにくくなっていると思います。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:証券会社

このページの先頭へ