証券会社が勧める信用取引の特徴とリスク

証券会社が取り扱う商品の1つに信用取引がありますが、リターンが大きいが、その反面リスクも高いという商品です。
証券会社にある程度の担保金を預けることで、その金額以上の取引ができるサービスで、例えば、委託保証金率が30パーセントである場合、300万円の担保金を入れれば1000万円の取引ができます。

現物取引では300万円分の取引しかできませんし、株価が10パーセント上がった場合も30万円の儲けにしかなりませんが、信用取引では100万円の儲けになります。

投資した金額に応じて効率の良い取引ができます。
その反面、10パーセント値下がりした時は現物取引に比べて大きな損失となりますので注意が必要です。

また、損失が大きくなった場合は追い証という追加の担保金を預ける必要があります。
現物取引は投資した金額しか損をしませんが、この場合は投資した金額以上を支払わなければいけません。

投資額以上の取引ができること以外にもメリットがあり、それは株が値下がりしている時にも儲けることができる点です。
現物取引の場合、値下がりした時に購入し、値上がりした時に売るということしかできません。

しかし、最初に株を借りて売ってしまい、株価が下がったら買い戻し証券会社へ返却します。
この金額の差額が儲けとなります。

カラ売りという手法で売りから入ることで値下がり時も利益を出す方法です。
信用取引はリスクが高いので初心者にはお薦めできませんが、上級者にとっては効率の良い方法ですので覚えておきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:証券会社

このページの先頭へ