証券会社は需要が増えたことにより会社数もさらに増え、爆発的に業界が拡大している

証券会社は投資家の売買の仲介や、企業の株式の発行についてサポートを行ったりする企業ですが、近年個人投資家が増えたこともあり、証券会社は大手から中小まで数多く存在するようになり、インターネットの普及に伴いネット専業の会社も出来るなどして爆発的に業界が拡大しています。

証券会社を利用する人々は、投資に詳しい人たちばかりではなくなって初心者も多くなり、需要が増えたことにより会社数もさらに増え、各会社が投資家確保のために価格競争が起きた事によって、投資を行う時には低コストな会社を選択できるようになった上に、取扱商品の多様化やサービスの充実によって、投資しやすい環境が整えるようになったメリットもあります。

しかし業界の拡大により様々な方法で利益を得ようとする会社も増えてしまいました。

従来の株取引の他に、先物取引や信用取引、外国為替証拠金取引などが盛んに行われるようになると、リスクが大きい商品を積極的に勧めたり、未公開株のトラブルが発生したり、現物株の取扱いを一切行わない会社が存在するようになったりと、業界としてはまだまだ改善しなければならない事柄や投資家自身が注意深く対応しなければならない事も多く存在します。

しかしながら投資家の保護や金融商品市場への信頼確保のための自主規制の取り組みを行うなど、規則制定や相談機関を設けるなどの活動も行われ、投資家が突然被害にあうなどの不測の事態に対する対応にも備えられるようになってきています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:証券会社

このページの先頭へ