外資系証券会社の国内売上高ランキングについて

外資系証券会社の国内売上高ランキングと各社の概要はどのようなものでしょうか。
1位はモルガン・スタンレーと三菱UFJフィナンシャルグループが合弁で設立したモルガン・スタンレーMUFG証券で、ホームセールと呼ばれる法人などの大口な顧客を対象にする業務を専門に行っているため、個人投資家にはあまり馴染みはありません。

「外資系証券会社の国内売上高ランキングについて」の続きを読む

カテゴリー:証券会社

競争の中で打ち出す大手証券会社の充実したサービス

2014年に株式投資への優遇税制措置であるNISAが開始され、銀行などの低金利も相まって投資への意欲が高まってきています。
特にNISAに関しては、原則として1つの証券会社を選んで専用口座を開設する制度で、通常の口座開設とともに顧客を確保する競争が激化している状況です。
店舗を構え、担当者が情報提供やアドバイスを行うといった充実したサービスが売りである大手証券会社をはじめとした総合証券では、この担当者の専門性をより高めるとともに、古くからの信頼と安定性をアピールしています。

「競争の中で打ち出す大手証券会社の充実したサービス」の続きを読む

カテゴリー:証券会社

外資系証券会社社員の年収について

外資系証券会社の給料は年俸制なのが一般的で、「ベースサラリー」と呼ばれる基本給とボーナスで成り立っています。
ベースサラリーは固定されており、それを12カ月で分割したのが毎月の給料となります。
例えば基本給1,000万円の場合、それを12で割った約83万円が毎月の給料となり、この基本給の中に残業代や通勤・家族手当なども含まれているため、月によって貰える金額が変動することがありません。

「外資系証券会社社員の年収について」の続きを読む

カテゴリー:証券会社

日本の証券会社からも投資ができる米国株

現在でも世界一の経済大国である米国には世界的な企業が多くあり、こうした大規模な企業の株式も日本の証券会社から購入することが可能です。
米国株を購入するにあたって知っておきたいことと言えば、手数料の他に為替スプレッドがかかるところでしょう。
米国の株を購入する時には日本円で購入できる会社もありますが、実際の購入は米ドルでされることになります。

「日本の証券会社からも投資ができる米国株」の続きを読む

カテゴリー:証券会社

今注目されているベトナム株を扱う証券会社

約9,000万人の人口を持ち、これからも労働力人口が増加傾向にある上、勤勉な国民性と新興国の中でも安い労働力を求めて海外企業の工場進出も多い、ベトナムへの投資が現在注目されています。
そこで、証券会社各社ではベトナム株を組み込んだ投資信託の商品などの販売を行っていますが、中にはベトナム株への直接投資が行えるところもあります。

「今注目されているベトナム株を扱う証券会社」の続きを読む

カテゴリー:証券会社

証券会社が取り扱う外貨MMFの特徴

外貨MMFとは、ユーロやドルなどの外貨で運用する投資信託であり、日本で売買可能な外貨商品の一つです。
元本を維持しながら安定した利益の分配を継続して行うことをスタンスとしている為、安全性の高い優等企業の国債や社債などが投資対象になります。
購入した時よりも円安になれば為替ルートの動きによって利益が得られ、その利益である為替差益の税金が非課税となります。

「証券会社が取り扱う外貨MMFの特徴」の続きを読む

カテゴリー:証券会社

証券会社などでは投資詐欺に注意を呼び掛けています

株式を中心とした投資に関心が集まっている昨今、未公開株などについての投資話による詐欺被害が多くなっています。
こういった投資話の典型例は、上場予定の未公開株を購入すれば上場後に必ず値上がりが期待できるといったものですが、このようなセールスの電話に気を付ければ良いと思ってしまいがちではないでしょうか。
しかし、最近の手口は巧妙化しシンプルなセールスばかりでは無くなってきており、劇場型と呼ばれるものでは、突然身に覚えのない会社からパンフレットが送られてくることから始まります。

「証券会社などでは投資詐欺に注意を呼び掛けています」の続きを読む

カテゴリー:証券会社

証券会社で販売しているETFとは

ETFとは、意味的には証券取引所で取引される上場投資信託を指し、株式と同様に市場が開いている間は売買ができるものです。
上場していること以外での一般的な投資信託との違いは、投資信託は銀行などでの取引ができて購入価格は1日毎の変動となりますが、ETFの場合は購入が証券会社のみとなっており、購入価格も市場が開いているうちは常に変動します。
また、投資信託が約1万円から投資できるのに対し、この上場投資信託では多くの場合に10万円程度の投資金額からの投資が必要ですが、株式と同様に信用取引も可能です。

「証券会社で販売しているETFとは」の続きを読む

カテゴリー:証券会社

証券会社におけるトレーダーの役割

証券会社や投資銀行、保険会社などの金融機関で投資家と金融ディーラーとの間を結んでいるのがトレーダーです。
一般的には金融機関のトレーディング事業部に所属し、株式や債券といった売買を直接行う金融ディーラーと顧客である投資家との間を取り持つ役割を果たしています。
株価や債券の値動きについて見通しを立て、買い時や売り時を顧客に情報提供したり、顧客から受けた売買注文をディーラーに伝えたりし、また、資産運用会社においてファンドの運用を行っているファンドマネージャーからは、売買の依頼を受けて執行する役割も担っています。

「証券会社におけるトレーダーの役割」の続きを読む

カテゴリー:証券会社

安価な取引手数料と情報提供の充実した証券会社の使い分け

預金の低金利が続き、2014年から始まったNISA・少額投資非課税制度などの優遇税制や株価の回復傾向を追い風に、株式や投資信託への投資に注目が集まっています。
そこで考えるのが、数多くある証券会社からどの会社を選ぶのかといった点で、選ぶ際の基準にはいくつかありますが、まずは自分の投資を希望する商品を取り扱っているかを確認した上で、取引を行う際の手数料の金額に注目しましょう。

「安価な取引手数料と情報提供の充実した証券会社の使い分け」の続きを読む

カテゴリー:証券会社

このページの先頭へ