有価証券

有価証券報告書の概要と提出日について

有価証券報告書は、金融商品取引法で提出が義務付けられている、企業内容に関するディスクロージャー資料のことです。 この有価証券報告書の提出が義務付けられているのは、証券取引所に株式公開をしている企業、店頭登録をしている株式会社、有価証券届出書...
有価証券

有価証券報告書の提出と提出時期

投資家は、経営状態の悪い、信用ができないような企業に対して投資をすることはありません。 当然、投資を行うのであれば、優良な企業に対してと考えるものです。 そのような投資家が投資をする場合に、投資をしても大丈夫な企業かどうか判断するための材料...
有価証券

その他有価証券評価差額の計上について

特に実務の上で、その他有価証券評価差額を考慮しなければならない場合には、繰延税金資産、もしくは、負債を認識する必要があります。
スポンサーリンク
有価証券

有価証券の信託とはどのようなものか

信託引き受けの際の財産が有価証券であるものを有価証券の信託といい、これは、国債や地方債、社債、株式、外国証券等に限られています。 信託の期限終了まで一貫して、たとえば国債で行う場合には国債である必要はなく、引受後に運用していく段階で国債を売...
有価証券

営業投資有価証券とは投資事業を営む企業に必要な勘定科目

販売目的の有価証券、1年以内満期保有目的の債券、子会社、関連会社株式以外の有価証券のことを、総じて投資有価証券と呼んでいます。 この投資有価証券は資産として扱われているため、貸借対照表では、固定資産の部の投資その他の資産に分類されます。
有価証券

有価証券の評価替えを行う意味とは

株式や債券などの有価証券は、市場すなわち証券取引所の売買時点における時価、つまり市場価格を基準にして売買されるのが原則です。 そこで、決算時に所有する証券の本来の価値を帳簿に記録するために、帳簿価格と時価が異なる場合は、その帳簿価格を時価に...
有価証券

有価証券の種類について学びましょう

有価証券の種類としては、売買目的有価証券、満期保有目的債券、子会社関連会社株式、その他有価証券の4種類があります。 まず、売買目的有価証券は、高い値段で売却することによって利益を上げる目的の有価証券のことで、安い値段である有価証券を購入して...
有価証券

有価証券等清算取次ぎとはどのような取引形態か

主として金融機関を中心に、店頭デリバティブに関する信用リスクの管理に対する関心が高まるとともに、個別の取引における担保に関しては、より厳格な運用が重要なものになってきました。
有価証券

知っておきたい関東財務局有価証券届出書に関する内容

株式や債券、及び投資信託などの有価証券を発行する時に、金融商品取引法の法律により金融当局に必ず提出しなければならないと定められている書類が、有価証券届出書です。 また、発行する時ばかりではなく内容を変更した時にも、有価証券届出書は提出が必要...
有価証券

その他有価証券の概要とその評価方法について

有価証券の会計処理方法については、金融商品会計基準において定められています。 有価証券は、その保有目的から4種類(売買目的有価証券、満期保有目的有価証券、関係会社株式、その他有価証券)に分類され、その種類毎に会計処理の方法は異なります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました