宝くじの抽選について

現在、発売されている宝くじには様々な種類があります。
発売方法やエリアによって分かれており、ジャンボやロト、ナンバーズ等の全国自治宝くじや、スクラッチやブロックくじ等があり、抽選は全て公開で行われているのが特徴で、その回数は年間370回に上ると言われています。
会場には、事務局から委託を受けた弁護士や自治体職員、銀行の職員らが立ち会うことが義務付けられており、開封くじと言われているジャンボなどの抽選には電動風車型抽選機と言われる機械が使用され、0~9までの数字が割り当てられたその機械を回転させて、矢を放ち刺さった番号が当選番号となる仕組みとなっています。

会場は、東京厚生年金会館や宝塚劇場など大規模な会場が使用されることが特徴です。

数字選択式と言われているロトやミニロトにおいては、ロトの場合ですと電動攪拌式遠心力型抽選機が使用され、ナンバーズの場合にはジャンボと同じ風車型が使用されます。

会場は京橋の宝くじドリーム館で月曜日~金曜日、午後6時45分から行われています。
会場にはたくさんの宝くじファンが集まり、テレビ中継も行われていることでも知られているなど人気の高さがうかがえます。

最近では、抽選時の様子をインターネットでライブ中継や動画配信をしているサイトも見受けられ話題となっており、ファンの関心は高まっています。
種類が豊富で、購入や申込みが簡単な宝くじに参加してみてはいかがでしょうか。

描いた夢が実現するチャンスがやってくるかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:宝くじ

このページの先頭へ